遺産相続をはじめ、法律相談は京都シティにお任せ下さい!

京都シティ法律事務所

相続事件Q&A

相続事件について

 相続でもめる事件のほとんどは、両親が亡くなり子供達の世代に代ったころおきたものです。子供達の家庭の事情が左右するからです。相続に関する事件の主なものは、遺産分割請求と遺留分請求です。

 私は、相続の案件を数多く取り扱ってきました。つくづく思うのは、次の二点です。なぜ、相続でもめるか?その原因のひとつは、親の代できちんと財産や負債の整理が出来ていないことです。これで、子供が苦労します。親の残した課題を子供や配偶者が引き継いで相続の際に解決しなければならない例、これが多いと思います。次が、長子が親の事業を引き継ぐことと、民法が平等の均等相続を保障していることに、ギャップがあることです。親の残した家で長子が家業をしており、他に分けるべき遺産のない場合には、いろいろ、工夫しなければなりません。今は、他家に嫁いだ娘にも平等の相続権があるのです。

 遺産分割が終わって初めて親の相続をしたと言えます。遺産分割の協議の多くは、相続税の申告を視野に入れたものです。節税のために便宜的な分割をすると、後で禍根を残す場合もありますので、ご注意ください。

 遺産分割の紛争の多くは、相続開始後相当期間が過ぎ、分割をしないと生活が成り立たなくなって顕在化します。この時点での相談が多いのですが、協議が出来ませんので、離婚と同じように家裁に調停の申立をいたします。遺産の分割をどうすべきかについては、いろいろな要素を加味しなければなりません。調停が出来ないときには、審判で決定されます。

遺言作成及び執行について

 このような、相続の紛争を防ぐためには、遺言を残しておくことが必要です。親の意思を子供に示しておくのです。よくあるのが、子供には良く言い聞かせておいた、文書を残しておいた、父の相続の時に十分してあるから母の相続はいいだろう、といった類です。これらに、法律上の意味はほとんどありません。

 相続の紛争は、あなたがいなくなった後に起こるのです。遺言によって、あなたの遺産の相続の仕方を正確に指定しておくとともに、子孫にあなたの言葉を遺しておくのです。ですから、遺言というのです。

 遺言は、公正証書で作成し、遺言執行者を指定します。私の事務所で遺言を作成された方は長生きされる方が多く、遺言執行の経験はあまりありません。ご不幸になった場合には、必ず、連絡願います。

相続・遺言でよくあるご相談事例

アイキャッチ

家業を引き継いだ長男です。嫁に行った妹にも財産分けをしなければならないでしょうか

 長男だからといって、相続が補償されているわけではありません。戦後、民法が改正され個人主義になりました。相続権は、どんな子供にも平等に補償されているのです。ですから、妹さんの、相続権も無視できません。妹さんの…

続きを読む

アイキャッチ

親が亡くなったのですが、亡くなる前に他の兄弟が、その預金を引き出して使ってしまっています。どうしたらいいでしょうか。

 相続できるのは、あくまで、相続が開始した時点で残っている財産です。親が、自分の財産をどう使うかは、その自由なのです。ですから、親が預金を使い切っていたとしても、相続が始まるまでは手出しはできま…

続きを読む

アイキャッチ

遺言は、どのようにして作るべきでしょうか

 本来、遺言は、遺言をする者がその自由な意思で作るものです。人に頼まれて作るものではありません。子孫のために、財産の分け方を指示しておく…

続きを読む

メールでのご相談