遺産相続をはじめ、法律相談は京都シティにお任せ下さい!

京都シティ法律事務所

相続・遺言でよくあるご相談事例

Q.家業を引き継いだ長男です。
  嫁に行った妹にも財産分けをしなければならないでしょうか。

A.長男だからといって、
  相続が補償されているわけではありません。

戦後、民法が改正され個人主義になりました。相続権は、どんな子供にも平等に補償されているのです。ですから、妹さんの、相続権も無視できません。妹さんの了解があって初めて、事業資産も承継できるのです。
 ですから、妹さんに分与する財産も相続税と同じく、相続にかかるコストと考えるしかありません。ベストは、相続した財産を含め分けるべき金融資産を用意することです。これができないときは、妹さんへの分与分をできるだけ調整しましょう。遺産の厳密な評価、生前贈与の有無、あなたの親への寄与などです。
 もうひとつ、兄弟間の信頼です。兄弟間のつきあい方がものを言います。

メールでのご相談