遺産相続をはじめ、法律相談は京都シティにお任せ下さい!

京都シティ法律事務所

家事事件でよくあるご相談事例

Q.夫が浮気をしています。
  どうしたら、止められますか?

A.夫婦には、誠実義務があり不貞行為は離婚の理由に
  なります。

 あなたが注意しても夫はやめない。また、離婚の決心はつかないとしましょう。
 夫婦には、誠実義務があり不貞行為は離婚の理由になります。つまり、不倫は違法です。不倫の相手方もその違法な行為に荷担していますので、やはり、法的責任を問えます。ですから、まず、相手に警告すべきです。警告しても止まないときには、慰謝料を請求できますが、何百万円も請求できる事案は少ないでしょう。相手方に慰謝料を請求すれば、通常は、不貞行為は止みます。
 ただ、証拠が必要です。証拠がないと否定され真実は表れません。男は単純ですので、帰宅時間、金遣い、服装、態度など日常生活の中で、必ず証拠を残しています。最近は、メール、Line記録、などが法廷によく出てきます。

メールでのご相談