遺産相続をはじめ、法律相談は京都シティにお任せ下さい!

京都シティ法律事務所

民事事件Q&A

民事事件について

 当事務所の取扱件数の約半分は一般民事事件です。一般民事事件と言っても種々取り扱っています。貸金等の債権の回収、商取引や契約上の違反、交通事故など、他人からの不法行為による紛争の多くは損害賠償請求となって現れます。借地借家に関する相談も多いです。京都は戦災がなかったため、古い借地や借家がいまでも生きているからです。

 債権の回収ですが、既に相当程度の交渉を経て相談に来られますので、訴訟督促手続等の法的手段を執ります。このとき、重要なのが債務者の資力です。せっかく判決をとっても、債務者に資力がなく現実の回収が期待できない場合、費用倒れになります。裁判所に金のなる木があるわけではありません。柔軟的に考えるべきです。

 取引や契約上の問題、損害賠償請求においては、資料が重要です。弁護士の仕事の多くは、実は、この請求を基礎づける資料証拠の収集にあります。依頼者と弁護士は、そのための共同作業をしているのです。提訴する前の打ち合わせの段階で、いかに、過去に起こった事実の説明を受け、把握できるかで、事件処理の趨勢は決まります。交通事故はその典型例です。弁護士は法廷で仕事をしているわけではありません。訴訟を起こすときに、勝負はほとんど決まっているのです。すべては準備です。

 京都特有の事件として、賃料等の借地借家関係があります。長期の借地借家関係が終焉を迎える事件が多々あります。このような貸借関係は、経済的な対価関係だけで決まるわけでは決してありません。ただ、依頼者の希望を良く聞きながら、バランスの良い解決を目指しています。

 不動産や建築に関する紛争も多岐です。不動産取引で言いますと、市況が悪いためにデッドロックになり解決の糸口が見つからないもの、建築関係では、請負代金が低額なために起こるものなどです。どういうわけか、土地の境界に間する案件がとぎれなく続きます。境界紛争は現場の検証がすべてです。また、確定の仕方が法定されているわけではなく、客観的な資料も必要です。感情論では負けます。

民事事件でよくあるご相談事例

アイキャッチ

知人にお金を貸したが、お金に困っていて返してくれない。また、借用書も取っていない、返してもらう方法はありますか?

 借用書がなくても、何か、お金を貸したことを示す根拠があれば請求できます。但し、返済能力がない人からお金を返してもらう方法はありません。銀行が必ず担保を取り、返済能力のある人にしか貸さないのはそのため…

続きを読む

アイキャッチ

長年貸している借家の家賃を増額したいのですが。

 家賃の額は、もちろん、貸した時の契約で決まります。これを、増額或いは減額するには相当の理由が要ります。必ずしも、貸し手の希望通りにはならないのです。不動産の市場、近隣の賃料の相場、固定資産税の変化…

続きを読む

アイキャッチ

隣家との土地の境界がはっきりせず、困っています。

 土地の境界が問題になるのは、往々にして、土地の使い方が変わるときです。土地が売却されたときや、建て直しをして改めて土地の範囲を見直したときです。土地を購入したときには、必ず、隣地との境界を確認した…

続きを読む

メールでのご相談