遺産相続をはじめ、法律相談は京都シティにお任せ下さい!

京都シティ法律事務所

民事事件でよくあるご相談事例

Q.隣家との土地の境界がはっきりせず、困っています。

A.土地を購入したときには、必ず、隣地との境界を
  確認した文書を入手しましょう。

 土地の境界が問題になるのは、往々にして、土地の使い方が変わるときです。土地が売却されたときや、建て直しをして改めて土地の範囲を見直したときです。
 土地を購入したときには、必ず、隣地との境界を確認した文書を入手しましょう。これがないときですが、境界の決め方が決まっているわけではありません。境界標などの目印、現実の土地の使い方、土地の沿革、土地の広さなど、さまざまな要因で決まります。ですから、自分の土地のことをよく知っていることが大事です。知らないと不利です。宅地の多くは、古くは、山林や農地が細分化されています。細分化されたときには、合理的な線で区画されています。その線を探すのです。

メールでのご相談